【プレスリリース】夜の果樹園アップルパイ完成。10月10日(土)ナイトバザールで先行販売!

(10月3日プレスリリース。34メディアに取り上げていただきました!)

新しい生活様式のマイクロツーリズム企画『夜の果樹園プロジェクト』初のコラボ商品。無添加、抗酸化作用の地ハーブを使用、お酒好き女性チームが開発したおつまみになるパイが福島に新登場!!

新しい生活様式に合わせた福島市の夜のエンターテイメント「夜の果樹園」は、果樹園をライトアップし、生産地ならではの楽しみを提供するサービス。福島市の新たな観光コンテンツとして、2018年から開始、今年は「桃」に続き「リンゴ」のライトアップを10月6日(火)~10日(土)で行う。

「夜の果樹園 アップルパイ」
<まるせい果樹園 × パティスリーサワダ(澤田屋)>

今回新たな取り組みとして、会場である飯坂町「まるせい果樹園」の紅玉リンゴを使ったアップルパイを地元・飯坂町の老舗菓子店「パティスリーサワダ(澤田屋)」が、ワインと日本酒の有資格者を含む酒好き女性3人からなる「夜の果樹園 商品開発チーム」とともに、試作を重ねて開発。一台(6号サイズ)にリンゴ4個分を使い、カボチャのクリームをベースに、コンポートせずスライスしたリンゴをそのまま載せて焼く製法を採用。りんごの食感と紅玉独特の酸味、甘さを活かした完全無添加の焼き菓子に仕上がった。飯坂町に隣接する米沢市の伝統ハーブ「ウコギ」(抗酸化作用で知られる)をスパイスとして入れ、すっきりした食味を出している。常温で1週間の保存が可能。

開発チームの代表・熊坂仁美氏は、「甘みを抑えてリンゴ、カボチャの食感を最大限活かした練りバイ仕立てのこの商品は、シャンパーニュやシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランなど白ワイン、ピノ・ノワールなどの軽めの赤ワインとのペアリングや、酸味のある純米酒と合います。マスカルポーネチーズや生ハムとの相性も抜群。ご家庭でお楽しみいただけるほか、ワインバーやレストランのアミューズとして使っていただける商品です。また、素材感たっぷりで完全無添加ですので、お子様にも安心して食べていただけます」と話す。

今後、フルーツ王国福島市や飯坂温泉エリアの代表的なお土産を目指し、「夜の果樹園オンラインストア」にて全国販売していく。

【オンラインにて先行販売】
発売日は10月12日(月)。それに先駆けて、10月10日(土)17:30開催の「夜の果樹園ナイトバザール」で、「パティスリーサワダ」パティシエ澤田健氏が商品説明しながらライブで先行受付を行う。
●夜の果樹園ナイトバザール(YouTubeチャンネル)→https://www.youtube.com/watch?v=1euWJMJS6bo
●夜の果樹園オンラインストア→https://night-fruit-garden.stores.jp/
●夜の果樹園公式サイト→https://www.nightfruitgarden.com/

<夜の果樹園アップルパイ>
・原材料:飯坂町産紅玉、かぼちゃ、国産小麦粉、バター、砂糖、鶏卵、生クリーム、ウコギパウダー(添加物、保存料不使用)
・保存方法:常温1週間
・販売価格:5号 2,500円 6号3,500円(いずれも税込)※ホールのみの販売

【本件に関するお問い合わせ】
夜の果樹園実行委員会事務局(株式会社SML)
福島県福島市野田町1−13−13
info@nightfruitgarden.com