【夜の果樹園レポート】桃+ライトアップ=夢の国だった!

こんにちは、ライターの勝村亜沙美です。先日、「夜の果樹園」にお邪魔してきました!

「まさに夢の国・・・」
「ディズニーランドみたい!」
「真夏のクリスマス」
「究極の夏のイルミネーションだ!」
「ナイトサファリパークならぬナイト果樹園!」

そんな言葉が飛び交う素敵な場所。

2018年からスタートしたこちらのイベントは、これまで全く使われていなかった果樹園の夜の時間帯を活用し、一部の桃畑を幻想的な空間に創り上げ、その中で果樹園でしかできない、果樹園だからこそできる様々な楽しみ方を提供しているイベントです。

桃+ライトアップ=!?

なんと言っても1番の魅力は、キラキラにライトアップされた桃たち!

太陽の光をいっぱい浴びて収穫間近の濃いピンクに染まった無数の桃たちと桃を守るように青々と生茂る青葉!そのコントラストをこれでもかというくらい引き立たせ演出するライトアップは、もう映画のワンシーンの中にいるかのようなファンタジックな空間!日中の果樹園では決して見るのことのできない、非日常な夢の世界がそこには広がっていました。

そして個人的に最も興奮したのが、香りです!

県外から移住してきた私は、実は桃の果樹園に入るのは初めてだったのですが、入り込んだ瞬間から広がる桃の甘く、そして優しい香りが全身を包み込む感覚は、まさに格別!(当たり前ですが、やはり人工香料とは全く違いますね!!!)

更にテンションが上がるのが、こちらの夜の果樹園だけで飲める桃のモヒート

入賞経験が豊富な福島市の人気のバー、BAR FURUKAWAのバーテンダー古川氏が監修されたこちらのドリンクは(ノンアルコールも作ってもらえます)目の前で新鮮な桃を擦り下ろす所から作ってもらえます。

フレッシュ&ジューシーで、この非日常空間を更に堪能させてくれる一杯です。

とどめを刺すのが「夜の桃狩り」です!

マスクをしていても、外見から桃愛が溢れまくっている、まるせい果樹園の名物社長である佐藤清一さんが夜の果樹園内を案内してくれながら果物トークを繰り広げ、桃の狩り方や美味しい桃の見分け方・食べ方etcを教えてくださいました。

個人的には、暗闇の果樹園で懐中電灯を頼りに桃を狩るなんて、ちょっとイケナイことをしている気分にもなって、更に楽しかったです

五感をフルに使って楽しむ

まだまだ伝えきれないことはありますが、目を閉じると、秋を感じさせる心地よい風と秋の虫たちの合唱。

そして目・鼻・舌・耳・肌・心を楽しませてくれる品々まさに「夜の果樹園」は、五感をフルに使って楽しむことができる空間でした。

そして帰りは、果樹園で採れたピチピチの桃(1.5kg)と「夜の果樹園」オリジナルトートバック(定価1,700円)のお土産つき。

家に帰って冷やして早速食べましたが、程よい硬さで甘い&ジューシー!愛情たっぷり育てられた採れたて新鮮な桃を直接頂けるからこその、贅沢なお味でした。

→夜の果樹園のフルーツ・グッズが買える!公式通販サイトはこちら

他にも今年は、行きたいけれど遠くて行けない!なるべく外出はしたくないという方向けに、自宅で夜の果樹園が楽しめる「オンライン観光」という取り組みもされていて、私が伺った時もYouTubeでライブ配信していました。

下記から、キャンプ系YouTuberとして活躍されている森風美さんが登場し、夜の果樹園と繋がりながら桃のデザートを作ってくれている様子がご覧頂けますよ!

りんごの果樹園も行きたい!

実が色づく収穫間際の桃たちと、人々が手間と時間をかけて作り上げたライトアップが織りなす空間である「夜の果樹園」。

フルーツ王国だからこそできた、果物への愛とこだわりが詰まっていました。

実は10月頃には「夜の果樹園2020りんご」も開催を予定しているそうなので、そちらも今から要チェックです!